銀行のカードローンについて

銀行のカードローンに関するコメントです。
年度の変わり目という時期的なこともあるのかもしれませんが、最近銀行系カードローンの宣伝が目立つような気がします。
いくつか例を挙げますと阿部寛が出演する三菱東京UFJカードローン、イチローが出演するオリックス銀行カードローン、ネット系の広告が中心ですが楽天銀行のカードローンの広告も目にする機会が多いように感じます。
どの会社の広告も金利が低い事や簡単に審査申込みが出来る事、枠が大きいことなどをうたっているような気がします。
消費者金融の広告に比べると、普段はカードローンを使わない人たちに対してメッセージを送っているような感じがします。
恐らくそのような層をメインターゲットにしているのでしょう。自分も今はカードローンの必要は有りませんが、いざという時のためにつくておこうかと思うこともあります。
その意味ではこれらの広告は効果があるのではないでしょうか。
現金が必要になるときはいつも突然です。もしもの時や万が一の時の為にカードだけ作っておくのも良いかもしれません。
借り入れが内容であれば大きな与信枠がつくかもしれませんので、もしもの時のために備えておくことをお勧めします。

Leave a Reply